株式会社栄美装

坂戸市の外壁塗装・屋根塗装は【株式会社栄美装】にお任せください!

新着情報

塗装の依頼は完全自社施工の会社へ

塗装の仕事は、建設業の中の一つとしてとらえられることが多く、建設業は塗装以外にも多岐にわたります。
ハウスメーカーなどでは、家を建てたり、リフォームしたいと考えている方の窓口となり、契約となれば、各工程で必要な作業を、それぞれの専門業者や提携業者に依頼して実施していきます。これがいわゆる「下請け会社」となるのですが、単純に窓口になって、下請けの会社に依頼をしていたのでは利益が出ませんので、そこで発生するのが紹介料ともとらえられる「中間マージン」です。

この「中間マージン」は誰の手によって支払われるのか?と言えば、それはお客様が支払う金額の中に含まれています。
この場合にかかる費用を大きく分けるとすると、3つに分けることが出来ます。

・中間マージン(ハウスメーカーなどの元請け会社の利益)
・下請け会社の利益
・実際に施工に必要な費用

単純に考えて、2社分の利益となる部分を請求されるわけですから、その分費用が高くなることは明らかです。
元請けの会社自体は実作業を行わないので、直接実作業を行う下請けの会社に依頼することが出来れば、中間マージンを支払う必要が無くなることはお分かりかと思います。

つまりは、依頼を受けた会社が自社に在籍する職人たちの手で施工を行ってくれればよいわけです。
それが「完全自社施工」の会社ということです。

弊社は、基本的に、お客様からの依頼を直接受けて施工を行っています。
間に別の業者が入ることが無いので、純粋に、当社の利益と施工費用分の費用を請求させて頂いています。
当社の利益は会社として存続していく為に必要な部分なので、ご理解いただきたい部分ですが、中間マージンはやはり省くべき費用ではないでしょうか。

これは、塗装業界だけに言えたことではないのかもしれませんが、やはり、相談しやすいところに相談されることが多いので、塗装の依頼をしようと思ったときに、直接塗装屋に依頼するという選択肢を持っていない方が多いのも現状です。
ここで言う「相談しやすいところ」というのは、例えば、ショッピングセンターの一角にある相談コーナーであったり、テレビCMや広告などで有名なハウスメーカーなどのことです。これらのところは、完全自社施工の会社に比べて、メディアへの露出も多いですから、どことなく安心感を感じられるのも頷けます。しかしながら、それらの広告費用なども含めて中間マージンでまかなわれていると考えると、それがサービスの質に直結しているのかどうかは疑問です。

もちろん、どのような依頼の形であっても、完全自社施工の会社に限らず、質の高いサービスを提供している塗装業者はたくさんあります。その反面、利益を求めるが故の、手抜き工事が起こっている現状もあります。
完全自社施工でやっている以上は、技術が一番の売りなので、直接相談をしずらいかもしれませんが、是非、当社のような完全自社施工でやっている塗装業者を探してみてほしいと思います。