株式会社栄美装

坂戸市の外壁塗装・屋根塗装は【株式会社栄美装】にお任せください!

新着情報

塗装職人への謝礼は必要なのか?

塗装など、建築の現場に居ると、よくお客様から差し入れを頂くことがあります。
塗装の現場は室内もありますが、屋根や外壁など、やはり外での作業が多いです。
季節の影響を直接受ける現場なので、塗装に限ったことではありませんが、夏の暑い日や冬の寒い日などは過酷な状況になることがあります。
そんな時、季節に合わせて私たち職人を労った差し入れをお客様から頂いた時には、本当にありがたく思いますし、頑張ろうという気持ちになります。

もちろん、差し入れを頂かなかったから頑張る気が出てこないということではありませんが、とてもありがたく思っているということをここではお伝えしたいと思って書いています。


ただし、このお礼をする文化というのは、人によっては疑問に感じられるかもしれません。
そもそも工事費用はしっかりと払っているわけですから、その上何故差し入れをしなければいけないのか?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

そうなのです、差し入れは絶対にしなければならないものではないのです。
私たち職人もお客様の差し入れを期待してはいけないと思っています。
あくまで、お客様の良心でして頂いていることなので、無理をして職人たちに差し入れをする必要はありません。
先にも書いたように、差し入れの有無によって作業内容の品質が変わることはありません。
気持ちの面での影響は大きいですが、差し入れが無かったから品質が下がるということは絶対にあってはならないのです。


私たち塗装職人は、感謝のお言葉を頂けるだけで、本当に嬉しく思います。
もちろん、言葉以外の形で感謝の気持ちをお伝えいただける場合も、それを迷惑に思ったりすることは無いので、その場合は、私たちもお客様のご要望にしっかり応えられたことを自信にして、次の仕事へと繋げていきます。

今回は、暗黙的に行われている謝礼の文化について、職人の目線からお答えさせて頂きました。
もし、このようなことで迷われることがあるようであれば、お気遣いなく何でも聞いて頂ければと思います。