株式会社栄美装

坂戸市の外壁塗装・屋根塗装は【株式会社栄美装】にお任せください!

新着情報

塗装による機能性向上

塗装は家の外観の印象に変化を付けたり、塗装により家を構成している壁材や屋根材をコーティングし、雨や日光(紫外線)などから守ってくれる役割があります。
これだけでも十分な役割がありますが、塗料自体にも壁材や屋根材と同じように性能が備わっているものがあります。それが「遮熱・断熱塗料」です。


・断熱塗料を使った断熱塗装

断熱塗装を施すことによって、室内と室外の熱をお互いに伝えにくくします。
つまり、夏場など外が暑くなるときは、外の熱を室内に伝えにくい為、室内の温度の上昇を防ぐことに繋がり、冬場など室内を暖房で温めた時は、室内の熱を外に漏らしにくくなることに繋がります。


・遮熱塗料を使った遮熱塗装

断熱とは違い、日光を反射して熱の吸収を抑える塗装になります。
断熱のように、熱を漏らさない為の塗装ではない為、どちらかといえば、夏場の日差しへの対策の意味合いが強いです。


いずれの塗装もメリットがあります。
夏場と冬場の両方使える断熱塗装の方が良い印象を持たれそうですが、一概にそうとは言えません。
塗装をする壁材の持つ機能や、家の立地や環境によって抱える問題などによって、機能の程度や適したものを選ぶ必要があるからです。
無駄に機能の向上を図ったとしても、必要のない機能であれば、費用だけが上積みされてしまい、経済的な負担にもなってしまいます。

また、施工方法にも気を付けなければなりません。
いくら機能性の高い塗料を使用したとしても、適切な塗り方をしていなければ機能を発揮することが出来ません。「ウチは他とは違ういい塗料を使ってます」というのは、適切な施工を行っている会社で無ければ、本来は何のウリにもならないのです。

今回は、塗料の持つ機能面についてご紹介させて頂きました。
あまり、機能面を見て依頼をされる方は多くないかもしれませんが、塗装を依頼される際には、機能面についても是非ご検討頂ければと思います。