株式会社栄美装

坂戸市の外壁塗装・屋根塗装は【株式会社栄美装】にお任せください!

新着情報

塗装業者が勧める塗り替えのタイミング

塗装業者が勧める塗り替えのタイミング 前回の内容では、家主様(施主様)が考える外壁塗装・屋根塗装のタイミングについて記載しましたが、今回は我々塗装業者が考えるタイミングについて記載したいと思います。

住んでいる方にとって外壁塗装や屋根塗装を依頼するということは、それなりの費用がかかるので、出来れば回数を押えたいと思われていることでしょう。私たちも、沢山依頼を頂ければ、会社としてとても嬉しいことではありますが、塗装は一年に一回とかそんなに短い頻度で行うものではないので、これまでにご依頼いただいた方であっても、また塗装のご依頼を頂くのは何年も先ということが多いです。

「○年に一度は塗り替えをした方がいいですよ」とお勧めをしているものの、そう簡単に決断出来るものでもない為、実際には外壁や屋根の傷みが目立ってきてからご依頼される方も多いのです。

それでも、敢えて適切なタイミングをお伝えするのであれば、新築から10年はまず一つの節目になると思います。
10年経ったら塗り替えをしなければいけないという決まりはありませんので、ただ、一度考えるだけのことはして頂きたいです。ですから、点検だけでもいいかもしれません。
弊社を含め、見積もりを無料で行っている塗装業者は多いので、とりあえず、見積もりだけしておけば、すぐにご依頼されなくとも、予算感を持つことができますし、明らかに塗装をしなければいけない状況になった時でも、慌てることなく対応することが出来ます。

また、一度点検をしておけば、屋根や外壁の傷み具合を知ることが出来ます。
感覚的な話にはなってしまいますが、病院で病気の具合を見てもらうときと同じように、今すぐ塗装したほうがいいのか、急ぎではないけれど数か月以内には塗装をした方がいいのか、まだしばらくは大丈夫なのか、この部分だけは少し手を加えておいた方がいいのか…など、住まいの状態を確認することが出来ます。
伝え方によっては、決断が難しくなってしまうかもしれませんが、無理に勧めることはしませんので、どうするべきなのかを一緒に考えていければと思います。


外壁塗装・屋根塗装のタイミングについて具体的に「いつ」ということをお伝えするには至りませんでしたが、まずは気に掛けるところから始めて頂きたいと思っています。そうでなければ、気にする暇も無く、住まいに異常をきたすことになってしまいます。
これは多くのホームページでも語られていることですが、大きな修理が必要になるほど老朽化や傷みが進んでしまえば、普通に塗装を行うよりも確実に高い費用を請求されることになります。

まずは気にかけるところから。築10年を超えていれば、点検。そこからはどうするかを一緒に考えていきましょう。