株式会社栄美装

坂戸市の外壁塗装・屋根塗装は【株式会社栄美装】にお任せください!

新着情報

外壁の色の決め方

外壁塗装の役割として、外壁の素材を雨風や紫外線から守り、住まい自体を守っていくという点が大きなものとなりますが、これは、どちらかというと建築的な観点が強く、多くの方は塗装による家の見た目を気にされていることが多いです。今回は、外壁塗装をする際の色の決め方についてお話しできればと思います。

外壁塗装を考えた際、今までと同じ色を希望される場合とそうではない場合があります。
また、新築の場合は、完成していないものに対して色を決めていくことになるので、特にイメージがしづらいです。

今までと同じ色で塗り替えていく場合は、褪色した色が元に戻っていくので、新築の時に戻ったような感覚があると思います。しかし、同じ色で塗り替えていたのでは面白味がないし、気分を変えて違う色にしたいという方も多くいらっしゃいます。そんな時は、カラーシュミレーションをしたり、色見本を見たりしながら色を決めていくことになりますが、技術が発達している現代であっても、やはり実際に見るものと比べれば誤差ができてしまいます。

ですから、基本的にはそれらの内容はあくまで「参考資料」であるということを忘れてはいけません。
そうでなければ、完成した時に「あれ?思ってたのと違うな」となってしまい、後々の後悔に繋がります。

色のイメージを固めるのに一番簡単な方法は、既に建っている建物を見るということです。
近所の家でも構いませんし、過去に弊社が担当した塗装でちょうど良いものがあれば、お見せできるかもしれません。
とにかく、何らかの形で、実際に建っている建物を自分の目で見てみることが大切です。
写真やパソコンの画面でも確認出来ないことはありませんが、微妙な違いを気にされる場合は、やはり現物に勝るものは無いと思います。

時折、「自分の好きな色にしたい」とか「派手で目立つ色にしたい」という方がいらっしゃますが、これらのご要望は私たち塗装業者の常識からかけ離れていることがあります。
もちろん、決して悪い意味ではありませんが、例えば、「真っ赤な家にしたい」というような要望が出た場合は、施主様の本気度にもよりますが、一旦は止めることになると思います。

極端な例ではありましたが、少なくとも、その街の景観に合わないような配色は、悪目立ちしてしまうことになるので、いくら好きな色であっても近隣住民の方の視線は避けられないでしょう。そのような意味では、無難な色になってしまいがちなのですが、その中で出来る工夫というのもたくさんあるので、そこは是非相談しながら決めていきたいところですね。

と、ここまで長くなってしまいましたが、基本的には下記のようなことを考えながら選ぶと良いかと思います。

・近隣の家と比較して目立つような色合いではないか
・経年による褪色がはっきり出てしまう色ではないか
・汚れが目立つ色ではないか
・施主様自身が納得した色合いかどうか


今回は外壁塗装を行う上での「見た目」について触れましたが、いかがでしょうか?
大切なお住まいですから、慎重に考える必要がありますが、お客様のご要望を最大限に再現できる塗装のご提案をさせて頂きたいと思います。